カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

肉屋の仕事道具2 スライサー

今回は肉を切る機械の「スライサー」について紹介します。

スライサー

私の愛機です♪私が仕事を始めて、すぐ入ってきた機械なので20年も働いてくれてます。肉屋にとってスライサーは、なくてはならない機械でこれがないと仕事になりません。

筋ひき・成形処理したブロックをこの機械にのせ薄くスライスします。「しゃぶしゃぶ用」や「すき焼き用」「こま切れ」などの商品を作っていきます。私はやりませんが厚みのある「焼肉用」もスライスすることが可能です。肉質と技術がともなえば紙のように薄くスライスすることも出来ます。

大事な機械ですが危険も伴うので気を抜いてよそ見をすると大怪我になってしまいます。「仕事に慣れても機械に慣れたらあかんぞ」これも先輩に教えてもらった言葉です。包丁の扱いほど難しくはありませんが、肉の質(硬さや水分量)や形によって厚さを調整するのが難しく、一人前に扱えるようになるまで私は2〜3年かかりました。

今ではコンピュータ制御のスライサーがある時代ですが、私はまだまだ自分の感覚で調整するアナログを使うつもりです。

ページトップへ